jinja-hp019017.jpg
jinja-hp019016.jpg
jinja-hp019015.gif
jinja-hp019014.jpg
jinja-hp019013.jpg
jinja-hp019012.jpg
jinja-hp019011.jpg
jinja-hp019010.jpg
 流鏑馬といえば、馳せる馬から矢を射る勇壮な鎌倉武士を思わせますが、当社の流鏑馬神事は儀式としての意味合いが強く、ここで持ち帰る木片に焼き魚をのせて食べると、「一年間無病息災が約束される」と考えられています。

 流鏑馬の語源は必ずしもつまびらかではありませんが、「矢馳馬」(ヤハセメ)が訛ったものといわれる説、「矢伏射馬」とする説があります。

 関東では鎌倉以降武士の台頭とともに各地の神社で流鏑馬が行われ、御岳でも日の出山に向かう道で流鏑馬が行われたといわれます。しかし現在当社の流鏑馬は一般の祭事とはだいぶ異なり、神事の意味合いが強く、儀礼化した形で伝えられています。江戸末期の記録でも鳥居前広場にて今日のように騎手二名・的役二名が東西に対峙して行われていました。ただし、戦前まで騎手は乗馬していたようです。

 現在の流鏑馬をご紹介致します。
 9月29日、たそがれ(誰そ彼)どき、夕闇を待って行います。秋に行われる流鏑馬は他にも多数例はありますが、夕闇の中で行うのは珍しいようです。これは、当神社の流鏑馬が、春の陽の祭「日の出祭」に対しての陰祭として行われていたためです。
 午後五時に社殿で神事が始まります。同時に流鏑馬斎場では、一対の篝火が点火されます。神事が終わるとまず、斎場(鳥居前広場)と参列者を所役がお祓いします。そして弓矢と的を持った騎手二名、的所役二名が先に斎場にくだり斎主を待ちます。(社殿と斎場との高低差約80メートル、石段324段を数える)
 やがて提灯に導かれて、「はくのきぬ」とも呼ばれる斎服(白の衣冠)の斎主と祭員が闇の中を提灯の火に浮かびながら静かに闇をわたっていきます。
 斎場はすでに闇に包まれ、篝火が明るさを増していきます。騎手・的所役が斎主たちの到着を待って、石段の闇を見上げて整列します。氏子をはじめ多数の人たちが篝火に照らされた顔を揺らめかせて待ちます。
 斎主以下が銅の鳥居につくと、「オーイー」とイーを長く延ばして斎場に呼びかけます。斎場からは闇の空に浮かんだ白衣の群れを木の間から微かに望むことができ、「オーイー」と騎手・的所役が大声で答えます。
 斎主たちが随身門まで下がってくると、白衣は提灯の火にはっきりと見えるようになります。
 「オーイー」騎手たちが「オーイー」と再び答えます。
 斎主たちが斎場の一段上の鳥居に到着します。騎手・的所役が階段をのぼって、斎主に一礼します。
 斎主の指示で儀式が始まります。南北に騎手、東西に的所役が移動し、騎手の「ようございますか」「ようございます」の発声で儀式が始まります。声は朗々として秋の山の闇に消えていきます。
 騎手は時計回りに回り、二周目まではそれぞれ南北に戻ったところで弦をはじく所作を行います。(憑きものを落とす蟇目(ヒキメ)神事を思わせます。)三周したところで矢を番えて天空に放ち、騎手が「魔(的)射たりー」と叫び、的所役がそれを受け「射たり・をー」と大声で答えると同時に、竹に挟んで掲げていた白木の的を払い落とします。
観戦していた人々はいっせいに的・矢・木片を拾います。

 この的や木片は、神さまからのお下がりですので、その夜焼き魚を載せて食べることによって、神さまのお力を戴き1年間を無病息災に過ごすことが出来るとされています。
jinja-hp019009.jpg
jinja-hp019008.jpg
jinja-hp019007.jpg
jinja-hp011004.jpg
戻る
jinja-hp019006.jpg
jinja-hp019005.jpg
jinja-hp019004.gif
Copyright(C) 2005 Musashimitake-jinja. All rights reserved.
  武蔵御嶽神社 〒198-0175 東京都青梅市御岳山176番地 
Tel 0428(78)8500 Fax 0428(78)9741
jinja-hp019003.jpg
jinja-hp019002.jpg
jinja-hp019001.jpg