jinja-hp022009.jpg
jinja-hp011004.jpg
戻る
 武蔵御嶽神社の祭の中で最も格式が高く厳粛に行われるのが、この『日の出祭』です。
 山伏たちの入峰の儀式がその発祥とされ、かつて旧暦2月8日の日の出とともに行われたことが、祭りの名の由来とされ、毎年5月8日に斎行されています。中世より続く歴史ある祭りで、昔より崇敬者をはじめ多くの方のご参加・ご参列をいただいております。
 『日の出祭』は、夜宮から始まります。
幽玄な夕闇の中、絹垣に守られながら御霊代を奉載
し、陰燈(かげとう)のほのかな灯りの中、御旅所
までの道のりを神幸の行列は粛々と進みます。
 
 渡御の神輿は、平成17年酉年式年大祭を機に、
文化財である徳川綱吉公奉納の神輿が新しく複製さ
れて、その神輿を中心とし行列を整えます。
 神職・白丁・鎧武者・氏子・参列者の大行列が御
岳平から御師集落を通り、約300段の石段を神輿
とともに登ります。大変勇壮で盛大な祭りです。

 ご参列されますと、大神様のお力をいただき、
皆様の一年の無病息災・家内安全をお守りいたしま
す。

 宿泊の方々は、夜宮にもご参列いただけます。
 行列で神輿の警護をする鎧武者を募集しています。
御神札と守護弓矢を授与します。
また、稚児の申込みも受け付けております。
費用はかかりませんので、多くの方のお申込みを
お待ちしております。

お供として行列に加わることを供奉といい、大変
御利益があるとされています。
jinja-hp022008.jpg
jinja-hp022007.jpg
jinja-hp022006.jpg
jinja-hp022005.jpg
jinja-hp022004.gif
Copyright(C) 2005 Musashimitake-jinja. All rights reserved.
   武蔵御嶽神社 〒198-0175 東京都青梅市御岳山176番地 
Tel 0428(78)8500 Fax 0428(78)9741
jinja-hp022003.jpg
五千円   御神札・守護弓矢・供物
      昇殿・神楽参観 
            
参千円   御神札・守護弓矢・供物 
            
供奉料:壱万円以上 ケーブルカー無料乗車券発行
            御神札・守護弓矢・供物
            御神酒・昇殿・神楽参観
◇募 集◇
jinja-hp022002.jpg
jinja-hp022001.jpg