jinja-hp026010.jpg
jinja-hp026009.jpg
6月30日 午後5時 執行
茅輪(ちのわ)
 6月下旬から7月頃、神社の境内に茅(ちがや)で作られた、人が通れるほど大きな輪を
見ることがあります。これは6月30日夕刻に行われる「大祓(おおはらい)式」という神事に
使われます。
 これは、私達が生活する中で知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、穢れ(けがれ)を祓い清めるための儀式で、年を2期に分け6月と12月の晦日に行われます。6月を
「夏越しの大祓」「水無月の大祓」、12月を「年越しの大祓」ともいいます。
 
 神社の祭典に先立っての修祓(しゅばつ)やお寺や神社の入り口近くにある手水舎(てみずや)があるのも、身心共に清浄になって始めて神様の御前に進めるからです。清潔好きな日本人の穢れを嫌う現れといえるでしょう。
 大祓はこうした祓いを定期的に行うもので、平安時代「延喜式(えんぎしき)」にも記載されており、古くから行われていたことがわかります。当時は宮中の公事として、6月と12月の晦日に朱雀門前の広場に皇族はじめ役人が集まり、代々神祇祭祀を司った中臣氏により執り行われていました。
 それが次第に民間でも行われるようになりましたが、いつしか12月の大祓は廃れていきました。それに比べ夏に流行る疫病を防ぐ意味合いのある6月の大祓は盛んに続けられました。

 明治になり神祇官の指令で6月・12月の大祓式が制定され、全国に神社で再び行われるようになります。「大祓詞」を唱え、「形代(かたしろ)」(撫物(なでもの)ともいい、紙を人の形に切り抜いたものに、名前と年齢を書き、さらにその形代で身体を撫で息を吹きかけます。)、「大麻(おおぬさ)」などで参列者を祓い、祓物(はらえつもの)は川や海に流し去るのです。

 茅輪神事は本来、大祓とは別の行事でしたが、神祇官の指令でも古くからの習わしは尊重して行うことが許されたため、6月の大祓詞では一体化した儀式として各地で茅輪神事が続けられました。
 茅の輪は、正月から6月までの半年間の罪穢れを祓う「夏越しの大祓」の時に使用され、それをくぐることにより、疫病や罪穢れが祓われるといわれています。
 茅輪をくぐるときに「みな月の夏越しの祓いする人は ちとせの命 のぶというなり」いう古歌を唱えながら左まわり、右まわり、左まわりと、八の字を書くように三度くぐるという故実もあり、ただ身を祓い清めるだけでなく、無病息災が約束されると考えられていました。

 茅輪神事は「備後風土記」の逸話に由来します。旅の老人(素戔嗚(すさのおの)命(みこと))が宿を求め、ある兄弟の家を訪れ、弟一家はそれを拒みますが兄(蘇民将来(そみんしょうらい))は手厚くもてなします。そのお礼にと一家に茅輪を作り「もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰に付ければ免れる」を言われ、腰に付けさせたところ、その夏流行った疫病から救われ子孫代々繁栄しましたが、弟の子孫は絶えてしまったという話しに基づきます。
 「蘇民将来」は疫病よけとして寺社で授与される六角柱の木製護符の名でもありますが、同じ信仰によるものです。素戔嗚命は京都の祇園祭で知られる「八坂神社」に祀られる神で、牛頭天王(ごずてんのう)ともいわれ、やはり疫病除けの御神徳にがあるとされています。
jinja-hp026008.jpg
jinja-hp026007.jpg
jinja-hp026006.jpg
jinja-hp026005.jpg
jinja-hp026004.jpg
jinja-hp026003.jpg
jinja-hp026002.jpg
jinja-hp026001.jpg