jinja-hp050002.jpg
jinja-hp011004.jpg
戻る
4.  のし袋の表書きはどう書くのですか?
A. 神社で家内安全や厄除、初宮、七五三などのご祈祷を受ける際には、幣帛(へいはく:神さまに奉献する物)    の代わりとして金銭をお供えします。

    のし袋に入れてお供えするときの表書きは、「初穂料」「玉串料」「奉納」「祈祷料」と書きましょう。

   初穂(はつほ)料とは、その年に初めて収穫された稲穂を神さまにお供えしていた故事によります。 このことから、   神さまにお供えする金銭のことを、初穂料というようになりました。

   また玉串料とは、あらたまった参拝やご祈祷、あるいは祭典に参列するにあたり、神前に榊(玉串)を捧げること
   から、表書きとして使用されるようになりました。
   この玉串料という表書きは、慰霊祭などの霊祭や弔事のときにも使用できます。
■のし袋の「のし」の由来■ 
■ 水引の本数 ■
「のし」とは、正しくは熨斗鮑(のしあわび)といいます。

のしは「伸し」と同じ語源といわれ、鮑の肉を削いで長く伸ばし、それを乾燥させて熨斗鮑を作ったことが起源といわれています。

古く平安時代から公家たちの間で珍重され、また武士の出陣や帰陣の祝儀として、天照大神様の好物として御供物にも用いられました。熨斗鮑は大変貴重なものでしたので、紙にくるんで贈答品にした習慣が生まれました。

やがて現在は、鮑を使わず紙片を代用にしたり、印刷したものを用いたり、ときには省略して単に「のし」と書くだけになりました。

鮑が祝事に用いられるようになったのは、鮑の肉が長く伸びるので、「長続きする」とか「末永く発展する」などの縁起担ぎの他に、不祝儀で生臭ものを食べず精進することの習慣があるので、祝事は逆に生臭をそえて不祝儀でないこ とをあらわす印としたものの代表となったのが鮑とされています。
■ 水引の由来 ■
昔、唐からの献上品に紅白の麻糸が掛けられていたことに由来され、和紙を縒ってこより状にし、縒りが戻らないように水糊を引いて固めたことから水引と呼ばれるようになりました。

水引を1本で結ぶ時は、向かって左側に白や銀など淡い色を用い、右側に赤、金、黒、黄など濃い色を用います。
基本的には奇数を用いるのが「しきたり」とされています。5本・7本などの結びがあります。
本数が多くなれば、それだけ丁寧(より 豪華)となります。また、10本(偶数)の結びもありますが、5本のこよりを1本として使うのが一般的なことから、夫婦水引として2本使うこともあります
■ 水引の結び方 ■
蝶結び・結切り(あわじ結び)・結切り(真結び)などがあります。

蝶結び(花結び)は、何度繰り返してもよいお祝い事、お礼に用います。しかし、解(ほど)けてしまう結び方なので、結婚祝いには使いません。

結切りは、何度もあってはならない、という意味で、結婚祝、全快祝、弔事に用います。
■ 外包みの折り方 ■
祝 事 ・・ 後ろに折り曲げた包みの重なりは、おめでたいことが何度も受けられるように、「下の方」を上に       重ねます。

弔 事 ・・ 祝事とは逆に、不幸が再びないよう裏の重なりは「上の方」が上になるよう重ねます。
jinja-hp050001.gif
Copyright(C) 2005 Musashimitake-jinja. All rights reserved.
   武蔵御嶽神社 〒198-0175 東京都青梅市御岳山176番地 
Tel 0428(78)8500 Fax 0428(78)9741