産安社

杉と檜の大木に、安産・長寿の祈願をこめて

境内から離れた富士峰園地にある、安産と長寿の神として厚い信仰を集める三女神を祀る「産安社」。
江戸時代からここにある「安産杉」「子授け檜」「夫婦杉」にも、ぜひお参りを。

御祭神は、三女神

御祭神は三女神、山の神である大山祇命(おおやまつみ)の娘で浅間神社に祀られる「木花開耶毘売命(このはなさくやひめ)」、その姉で岩のごとく永久不変の生命をもたらす「石長比売命(いわながひめ)」、そして大帯姫命(おおたらしひめのみこと)ともいわれる神功皇后(じんぐうこうごう)の「息長帯比売命(おきながたらしひめ)」です。
御祭日は4月、桜の咲く頃です。古くより安産と子供の健やかな成長を見守る神として、また長寿の神として厚い信仰を集め、祭礼には多くの母子が参列し賑やかになります。

御鎮座は、文治年間(1185~1189)源頼朝公創立と伝えられ、武蔵御嶽神社の摂社として祀られています。本殿は切妻、妻入の一間社で、もともと安政5年(1858)に「大口真神社」として創建され、昭和12年(1937)に「産安社本殿」としてここに移築されました。
この山は江戸時代には浅間山と呼ばれ、当時の御嶽山図には「富士峰千本桜」として描かれています。

【子授け檜】二股に開かれた根元と、そこへ突き刺さる幹は、男女和合のしるし、また、右上の勾玉型のコブは子宝を表しているといわれています。子宝を祈念しながら幹のコブを、男女の末永い和合を祈念しながら根元や幹を軽くさすると御神徳があるとされています。
【夫婦杉】ふくよかなコブが多くある方が「女杉」、もう一方が「男杉」とい言われ、二本が繋がりあって仲睦まじく立っている姿から「夫婦杉」と呼ばれています。

二人手をつないで木の間を通ると円満になり、男性は女杉を、女性は男杉を触りながら木の間を通ると良縁に恵まれると言われています。
【安産杉】どっしりと力強く根を張る姿は長寿を表し、丸く包み込むように開かれた幹は安産を、その幹より分かれて伸びる数々の枝は子孫繁栄を表していると言われています。長寿・安産・お子様の健やかな成長を祈念しながら幹や根を軽くさすると御神徳があるとされています。

PAGE TOP
error: Content is protected !!