由緒・歴史

関東一円を見霽るかす「霊山」の歴史

盗難除け・魔除け・豊作の神として広く信仰されてきた武蔵御嶽神社。
その創建は崇神天皇の時代にさかのぼります。
守り神の「おいぬ様」は、真の姿は狼と伝わり、江戸の昔から関東各地で信仰されてきました。
神社では、古くからの伝統を受け継ぐ御師達が、古来の手法で参詣と修行の場を守っています。

奈良・平安の時代から、戦国時代まで

社伝によれば、創建は第10代崇神天皇7年に武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)が東方十二道を平定の時、大己貴命(おほなむちのみこと)・少彦名命(すくなひこなのみこと)をお祀りしたのが起源と伝わります。
その紀元前の創建から時代を経て、東国の蔵王信仰の中心として広く知られるようになったのは、奈良時代のことでした。天平8年(736)、僧の行基が東国鎮護を祈願し、蔵王権現の像を安置したのです。
平安時代の『延喜式神名帳』には、この地の地主神である「大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのあまつかみやしろ)」として記され、古くより関東の霊山として信仰されてきたことが分かります。

中世になると山岳信仰が興隆し、戦国時代にかけて関東の修験の中心となります。特に鎌倉時代には「金峰山御嶽蔵王権現(きんぷせんみたけざおうごんげん)」として有力な武将達から信仰され、武将の畠山重忠は鎧・鞍・太刀などを奉納したと伝えられています。
その後、戦乱の兵火で荒廃しましたが、文暦元年(1234)に四条院の勅命で大中臣国兼が派遣され、祭祀の司職と定められて中興。延文4年(1359)に管領の足利基氏により社殿修築、永世8年(1511)に三田弾正忠平氏宗により社殿が建立されました。

「西の護り」となった江戸時代

天正18年(1590)、徳川家康が関東に封ぜられると、神社には朱印地三十石が寄進され、慶長11年(1606)、家康の命により大久保石見守長安が普請奉行として社殿を改築。南向きだった社殿が、江戸の「西の護り」として東向きに改められました。現在の幣殿・拝殿は元禄13年(1700)に5代将軍綱吉の命によって造営されたものです。

関東一円に広がった御嶽信仰

江戸時代中期になると、庶民の「社寺詣で」が盛んになりました。御師(おし)の布教によって講が組織され、御嶽信仰が武蔵・相模を中心に関東一円に拡がっていきました。
その後、明治維新によって社名が明治7年(1874)に「御嶽蔵王権現」から「御嶽神社」に改められ、さらに昭和27年(1957)に「武蔵御嶽神社」と改めて現在に至っています。

PAGE TOP
error: Content is protected !!