神楽・三管三鼓について教えて下さい。

A:神楽・三管三鼓について教えて下さい。

 

Q:神楽について教えて下さい。

A:「神楽」とは、祭典のときに神前に奉納される「歌舞(歌を伴う舞)」のことを言います。神様をお慰めするために奉納されます。
神代の昔に天照大御神が、天の岩戸へ籠もられたとき、大神様をお慰めするために、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で舞を舞ったことに由来します。

神楽を大きく分類すると、「宮廷神楽」「里神楽」の二つがあります。
宮廷神楽は、宮中で舞われる神楽で、古代我が国に伝えられた雅楽や伎楽にあたります。
里神楽は、一般の神社で行われる神事芸能にあたり、田植行事の中の神事舞から発生したと考えられています。

この里神楽から、「伊勢神楽」や「出雲神楽」などが派生しました。
神代の昔の物語を題材にした神楽が中心に舞われています。

 

Q:三管三鼓について教えて下さい。

A:祭典時には奏楽が聞かれることがあります。これが「雅楽」と言われるもので、雅楽の意味は、文字通り「雅な音楽」であり、上古の歌舞や中国大陸などから伝来した音楽の総称です。

三管とは、龍笛・篳篥・笙を、三鼓とは、太鼓・鞨鼓・鉦鼓を言います。
この他に、和琴や琵琶が加わることもあります。

雅楽には、歌を主とする「歌物」と、楽器による奏楽を主とする「管弦」、舞が伴う「舞楽」があります。
歌物には神楽歌・久米舞・東遊などがあり、いずれも舞を伴って舞楽となります。
管弦には、中国から伝来した唐楽と朝鮮から伝来した高麗楽があり、唐楽に舞が伴うと「左舞」、高麗楽に舞が伴うと「右舞」となります。

武蔵御嶽神社では「太々神楽」を伝承しています。(太々神楽の詳細はこちら

関連記事

関連団体紹介

 

 

 

PAGE TOP
error: Content is protected !!